スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モザンビークにジュース工場の建設!

ポルトガルのフルーツジュース会社「Sumol Compal」が
マプト州に工場を建設することを決めました。

マンゴーやパパイヤ、オレンジ、バナナなど、果物が豊富にとれる
モザンビークにおいて本格的なジュース生産が始まります。

地元の新聞"O Pais"の記事によると、年間30,000,000Lの生産が可能
となり、南部アフリカ諸国へ輸出することを目指します。

外国の企業とはいえ、Made in Mozambiqueの商品が
増え、国内に雇用が生まれることは同国にとってプラスに
なることでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。