スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11

2011年3月11日をモザンビークで過ごし、
1年後の同じ日もモザンビークで過ごしました。


昨年12月に日本に帰国して数か月を過ごし、
2011年3月11日を境に
変わったことと、
変わらないこと、
変えられないこと
について考えさせられました。

1年経っても、解決していない問題が
あまりに多くて、思わずため息がでてしまします。

私たちは一番守らなくてはいけないものを
守れているんでしょうか。

今、何をしなければならないでしょうか。

そんなことを自答しながら過ごした
3.11でした。

僅かでも、希望の光が被災地に、
日本に差しますように。

モザンビークより祈りを込めて。


IMGP9521.jpg


スポンサーサイト

東北太平洋沖地震の義援金にご協力ありがとうございます

えひめグローバルネットワークでは 3月15日~約80名が登録する「愛媛学生東北支援ネットワーク(愛媛大学・松山大学・聖カタリナ大学・東雲女子大学の学生有志)」との連携により「街頭募金活動」を開始しました。「何とかしたい」「何かしたい」と願う気持ちをひとつにして、松山市駅前にて活動を行っています。

※3月23日現在までに下記3団体に25万円ずつ計75万円を寄付させていただきました。


「NPO法人ピース・ウインズ・ジャパン」 http://www.peace-winds.org/

「必要な人々に必要な支援を」をモットーに、世界各地で生命や生活の危機にさらされた人を支援している緊急支援のプロです。

「NPO法人国際ボランティアセンター山形」 http://www.ivyivy.org/

山形発で「カンボジア支援」「在住外国人支援」「国際理解・環境教育」「国際イベント・セミナー」など地球の問題、地域の問題に取り組もうと1991年に設立された市民による国際協力NGOです。外務省から委託されたNGOの東北ブロック窓口になっています。

「愛媛県社会福祉協議会」 http://www.ehime-shakyo.or.jp/sv-top.html

社会福祉協議会とは、全国社会福祉協議会や県内の市町村社会福祉協議会と連携をとりながら住民の福祉活動の組織化や社会福祉事業の連絡・調整や企画・実施など多くの事業を行っています。

【3月24日街頭募金活動 参加学生の声】

今日は風が冷たく、日陰での活動には少し厳しい環境の中での活動になりました。

活動8日目の今日は、常時5名前後での活動となりました。複数回目の参加者が多く、もう慣れてきた様子で、声掛けもそれぞれの表現の仕方を出来るようになったと感じました。課題はやはり人数だと思います。

まだ寒いですが、東北地方はまだ雪も降るらしいので、寒さに負けず温かい気持ちを東北に届けられるように頑張ります。

一緒に募金活動してくれる仲間、募集しています!

++++++

募金活動を始めて8日が経ちました。最初と比べて、活動人数は少なくなってはきましたが、まだまだ募金は順調に集まっており、人々の関心の高さを感じます。「頑張って」や「お疲れ様」と声をかけてくださる方も多くおり、寒さも平気なくらいに、元気をもらいます。その元気を胸に、少しでも被災地の方々の支えになれるよう、明日も活動を頑張ります!!


※募金活動については、わくわく募金箱ブログでお伝えしています。
http://ameblo.jp/wakuwakubokinbako/

バトミントン協会のコンデ氏より哀悼のメッセージ(2011年3月21日)

これまで当団体が支援物資として提供したバドミントンのラケット
シャトルを活用し、モザンビークにおいてバドミントンの指導、
青少年育成に尽力しているバトミントン協会のコンデ氏より日本の
皆さんへ哀悼のメッセージが届きましたので、共有させていただきます。

---------------------------------------------------------------------

以下、コンデ氏のメッセージ

I am sad about what happened in Japan. I would like to tell you
that we are with the people in Japan. I believe that the people
in Japan are strong and they are possible to rebuild the country.

Almiro From Maputo, Mozambique
Badminton Association

「震災ボランティア活動-学生だからできること-」意見交換会

3/19(土)「震災ボランティア活動-学生だからできること-」意見交換会
を開催します。


自分に出来ることをしたい、でもどうしたら良いかわからないという
学生、社会人のかた、この機会にそんな思いを共有し、一歩踏み出して
みませんか?

http://ameblo.jp/wakuwakubokinbako/entry-10832200924.html

詳細については、上記URLにアクセスしてください。

わくわく募金箱のブログにて、愛媛(松山)における募金活動の様子、
関連の行事についてお知らせしています。

皆様のご協力をよろしくお願いします。

東北地方太平洋沖地震の発生に際して

モザンビークにおいても、今回の地震・津波の被害の様子が大きく報道されています。

被災されたの方々に、心よりお見舞いの意を申し上げると共に、
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしております。
皆さまのご家族を含め、ご無事を願っております。

毎日目にするニュースで、被害の深刻さが明らかになってくるにつれて、信じられないと
思う気持ちと、この事態のために何かしなければと駆られるような思いが交錯しています。

友人、知人からは毎日哀悼のメッセージが届いています。
当団体のパートナーNGOのCCMからは、哀悼のメッセージが届きましたので共有させていただきます。


Dear Japanese friends,

We are caught by surprise and big pain to learn that parts of
Japan were hit by earthquake and Tsunami. We all in TAE and
CCM, and General Secretary as a whole and believers, send our words
of comfort and sympathy. May god give you strength to rebuild your great
country.

Peace, Grace & Comfort.
Boaventura Zita
TAE national coordinator


25022011714.jpg


私たちに今、必要なことは、正確な情報を得ること、そして自分に出来ることを
はじめることだと思います。

そのため、えひめグローバルネットワークでは、募金活動を開始します。
ご協力いただける方は、以下Eメールまたはお電話にてご連絡ください。
日時、詳細等のご説明いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

Eメール: wakuwaku@egn.or.jp
EGN松山事務所:089-993-6271

また、信頼できる義援金受付のNGO・団体のご紹介も随時行ってまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。