スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研修生の今:アデリアさん

先日、アデリアさんの勤務する子どもたちのセンター
を訪問しました。同施設では、人身売買や家庭に問題
があり保護された子供たちが短期で滞在しており、心の
リハビリ、授業、縫製や手工芸品を作成するトレーニング
などが行われています。

アデリアさんは、日本における研修で身につけた縫製
技術を評価され、女性省の運営する子どもたちの保護
施設に雇用されました。公務員という安定した職を
当団体の研修をきっかけに得るという幸運に恵まれ
ました。

CIMG1933.jpg

同センターへはアデリアさんがトレーニングに使うミシン、
自転車、算数セットや子どもたちの使うパズルなどの
おもちゃを寄贈しました。先日訪問した際、物質の活用を
確認いたしました。

CIMG1947.jpg

心に傷を負っている子どもたちが多いので、友達と
ゲームをすることや遊ぶことが良いリハビリになる
ようです。もちろん、アデリアさんの縫製訓練も
継続しています。

CIMG1938.jpg

子どもの面倒をみるのが大好きなアデリアさん、
今年出産し、一児の母となりました。

6ヶ月になる「ユウスケ」君です!

CIMG1928.jpg

アデリアさんととクリミルダさんが日本で研修中、
仲良くなった、当時愛大の学生さんの名前です。
このような形で日本のことを常に思い出してくれて
いることが分かり、とても嬉しく思いました。

CIMG1925.jpg

ユウスケ君が大きくなったら、きっと自分の名前の
由来を聞くのでしょうね。アデリアさんがどんな風
に伝えるのか、興味深いです!

スポンサーサイト

クリミルダからのメッセージ

お久しぶりです!
愛媛のみなさんお元気ですか?

2010年1月から数カ月、アデリアさん、
ベネットさんと共に研修生として訪日した
クリミルダです。

モザンビークに戻ってから同郷の男性と
結婚し、一時、夫の仕事の関係で南アフリカ
に住んでいましたが、故郷のシニャンガニーネ
に戻ってきました。

現在、夫は、隣村ボンドイアのサトウキビ畑で
働いています。

私は、2歳になる息子の世話と、家事、畑仕事
を日々行っています。

この度、公民館建設、並びに縫製訓練のプロジェクト
計画を知り、是非、縫製訓練に参加して、日本で学んだ
縫製技術を向上したいと思っています。

日本でお世話になった皆さんに、成長した姿を
見せられるよう、頑張りたいと思っています!

CIMG0722_20120706203120.jpg

研修生の今

日本における研修で身につけた縫製の技術を評価され、女性省の運営する子どもたちの保護施設に雇用されたアデリアさん、公務員という安定した職を当団体の研修をきっかけに得るという幸運に恵まれました。

同施設では、人身売買や家庭に問題があり保護された子供たちが短期で滞在しており、心のリハビリ、授業、縫製のトレーニングなどが行われています。子どもの面倒をみるのが好きなアデリアさん、「今の仕事はやりがいがあり、とても楽しい」と笑顔で話してくれました。

現在、モアンバ中学校の夜間の授業に通っており、通学を続けたいという日本で話していた希望も一つ叶いました。英語力もどんどん上達しており、3月に日本から友人がモザンビークを訪問した際にも会話が弾みました。今後も彼女の成長が楽しみです。

写真⑩ 子どもたちのセンターで働くアデリアを訪問 2010年12月

農業視察&研修生との再会

モザンビーク研修生3名(アデリア、ベネット、クリミルダ)の受入れ先であった無茶々園(松山市北条)小谷達也さんが2月17日~3月18日までモザンビークを訪れ、研修生のフォローと現地の農業開発の可能性について視察し、意見交換を行いました。

ベネットさんは、モザンビークへ帰国後、自分の故郷であるシャイシャイで川沿いにある畑を借り、家族とともに農業を始めました。小谷さんには、今回、その畑とマシエネ、ボンドイアの3カ所の視察後、「シャイシャイの畑は黒土でいかにも野菜作りに向いていそうな土。川沿いなので水の心配はないのが良い。けれど、しっかり管理がなされていないようで、種・苗の植付けも適当。収穫時期を逃したトウモロコシもあちらこちらに見られた。混植しているために作業もより困難になっているようである。この3haの畑をすべて手作業でやるとなると気が遠くなる。もっと管理していければ、作業もより簡単になり、収穫量も増える可能性が大きい。農作業をもう少しシステマチックにするべきであると感じた。今後は、年間の作業、作付け計画、どんな資材を使って作業をしているか自己分析が必要である。」と意見をいただきました。  

モBFEB~1
DSCF2645.jpg

ベネットさんに次のステップにつないでもらえるようなサポートをしたいと思います。

モザンビーク事務所現地スタッフ・ベネットさんから新年のご挨拶

日本のみなさん、特に愛媛県在住の皆さんとえひめグローバルネットワークメンバーの皆さんへ、心より新年のご挨拶を申し上げます。

みなさん、すてきな2010年を迎えのことと存じます。
また、2009年は2010年を迎えるためのすばらしいチャレンジの年になったことと思います。

本年も家庭/仕事の両方において、健やかでうまくいくことを願います。
えひめグローバルネットワークのスタッフやメンバーには、よりよい市民社会形成のために貢献してほしいと思います。

私もえひめグローバルネットワークのモザンビークでのコミュニティー開発の活動と通じて、女性・子どもへの暴力や貧困撲滅等の問題解決、平和構築のためにより一層貢献したいと思います。

昨年は日本を訪問する機会に恵まれ、すばらしい人たちと過ごさせていただくという貴重な経験をさせて頂きました。みなさんが幸せな2010年を過ごせますように!

カニマンボウ!(モザンビークの現地語で「ありがとう」の意味)

CIMG7061.jpg
The goal of Ehime Global Network in society is to encourage people to speak out and share their experiences and visions for unity, justice and peace as members of society.
“Let’s face the challenges with firmness and determination proceeding in the direction of our largest objective, without diverting the focus and never give up to our goals. Therefore, strong people are those that take ownership, they lead, stand out, conquer and establish. Therefore, do not give up, let’s go ahead.”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。