スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わくわく「望」年会のお誘い‏

皆さま

いつもお世話になっております。
年末、お忙しく過ごされていることと思います。

さて、12月28日にフェアトレードカフェ&雑貨
WAKUWAKUにて、わくわく「望」年会を開催します。

是非、皆さまお誘いあわせの上、お越しください。

料理・飲み物の準備もありますので、事前に来られる
時間帯をお教えいただけると幸いです。

お料理・おつまみ・スイーツの差し入れ、ドリンク
持ち寄り大歓迎!

スタッフ皆でお待ちしております!!

日 時:2012年12月28日(金)17:00~22:00
場 所:フェアトレードカフェ&雑貨WAKUWAKU
(松山市東雲町5-6)

※駐車場はありませんので、近隣の有料駐車場へお願いします。
会 費:2,000円(ビュッフェ食事・飲物)

連絡先:

特定非営利活動法人えひめグローバルネットワーク
Tel/Fax:089-993-6271
E-mail : wakuwaku@egn.or.jp
スポンサーサイト

モザンビーク平和20周年記念交流会のご案内

NPO法人えひめグローバルネットワーク&日本・モザンビーク市民友好協会合同
モザンビーク平和20周年記念交流イベントのお知らせ

 さて、この度、国立民族学博物館の吉田憲司先生のアレンジにより、えひめグローバルネットワークが12年間支援してきたモザンビークの「銃を鍬(くわ)へ」平和構築プロジェクトの創設者であるセングラーネ司教と大英博物館で展示されているモザンビークの武器アート「生命の木」の企画制作を担当されたスプリング氏が、5月28日に愛媛を訪問されることとなりました。

 モザンビークは、1992年に内戦終結後、今年で20周年を迎えますので、平和構築20年を振り返りつつ、愛媛とモザンビークの交流を深める機会にしたいと考えております。

 つきましては、考古館訪問、夕食会など、以下の交流企画にご参加くださいますようご案内申し上げる次第です。お忙しいとは存じますが、ご参加ご検討くださいますようお願い申し上げます。

NPO法人えひめグローバルネットワーク
代表 竹内よし子



■スケジュール  
2012年5月28日(月)
16:00-18:00   松山市立考古館訪問(梅木学芸員と面談、意見交換)
18:30-20:30 モザンビーク平和20周年記念交流会
(場所:フェアトレードカフェWAKUWAKU、会費:2,000円)


■訪問者:以下3名
①ディニス・セングラーネ(モザンビーク聖公会レボンボ教区司教)
②クリストファー・スプリング(大英博物館アフリカ・オセアニア・アメリカ部門キュレイター、アーティスト)
③吉田憲司(国立民族学博物館教授)


■連絡先:NPO法人えひめグローバルネットワーク  Tel&Fax: 089-993-6271

12/27(火)モザンビーク帰国報告会のご案内

えひめグローバルネットワークが支援活動を行うアフリカ・モザンビークの首都マプトは、年平均7%以上という目覚しい経済発展を遂げています。年々増える車の台数と高層ビル、ショッピングモールからは世界の最貧国にいるとはとても思えません。

一方で、そのような発展から取り残された農村部。当団体プロジェクトサイト地マレンガーネ地域にも未だ電気、水道といったインフラが整わず、雨季には道がぬかるんで交通がストップします。

このような状況のモザンビークで、今求められている支援とは。そして今後の課題とは。教育、保健衛生、医療、雇用など村の課題はつきませんが、たくましく生きる村人の今を、帰国中の横田美保(モザンビーク事務所長)がお伝えします。多くの方々のお越しをお待ちしております。

また、報告会後は同会場で「わくわく忘年会」を開催、今年の「ボランティア輝き賞」も発表します!
参加費は2,000円、どなたでもご参加いただけます!

◇日 時:2011年12月27日(火)15:00~17:00
◇場 所:フェアトレードカフェ&雑貨WAKUWAKU(松山市東雲町5-6)
◇参加費:ワンドリンクオーダー(400円~)
◇申込先:定員25名
NPO法人えひめグローバルネットワーク
Tel/Fax:089-993-6271
E-mail:wakuwaku@egn.or.jp
※氏名・所属・連絡先・忘年会参加有無についてご記入の上、送付ください。

報告者・横田美保(中央)デビット先生(左)、エリミニア先生(右)

7月27日のESD勉強会にご参加いただいた皆様へ

モザンビーク人留学生、ケンボさんを講師にお招きして行われたESD勉強会には、
松山市職員、教員、NPO関係者、愛媛大学生、主婦、JICA青年海外協力隊員として
これから派遣される方など、多様なバックグラウンドをお持ちの方々が参加されました。

ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!

ESD勉強会要旨:
1992年の平和協定締結後のモザンビークの目覚しい経済発展、初等教育を受けられ
る生徒数の増大という開発のポジティブな側面と、他方で、国内で広がる経済格差
や小学校を中退する生徒の割合が依然として非常に高いことや、中高等教育の未整備、
といった教育の問題、並びにモザンビークが外国政府の支援や海外直接投資に依存
している現状と、そのため政府として主体的に国内の政策を決定することが難しい
問題等について、データをもとにご説明いただきました。

後半は、持続可能な開発のためには、どのような政策が必要であるか、また、教育の
果たすべき役割について、また、広い意味で日本・モザンビークにとって、今後、
「持続的に発展するために必要とされているものは何か」ということについて意見
交換が行われました。参加者の皆様からは、それぞれのご経験、お立場にもとづいた
意見や感想を共有していただきました。

ケンボさんからは、「このようにさまざまな立場の人々が集まり、モザンビークの現状
について真剣に学び、モザンビーク、日本のこれからについて話し合うことが出来ると
いうことが素晴らしいと思う。そのような場に参加できて嬉しい。また、モザンビーク
でもこのような勉強会が実現できたらと思う」という感想をいただきました。

ケンボさんは立命館アジア太平洋大学で博士課程を専攻中。今後数年間、日本にいらっしゃる
ので、再び松山にお呼びして、ESD勉強会が開催できたらと思っています!


CIMG0090.jpg
ケンボさんのプレゼンテーションの様子

P1030284.jpg
勉強会参加者の皆様

P1030287.jpg
意見交換の様子

モザンビーク勉強会開催!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆◇◆◇「モザンビークを知ろう!ケンボさんから学ぶ
     モザンビークの開発と教育」(7月27日(火))◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
えひめグローバルネットワークが支援している、アフリカ・モザンビークから留
学中のケンボさん(モザンビーク出身)をお招きし、「モザンビークの開発と教
育」と題してUNDPでの活動やモザンビークの開発・教育の最新事情を伺います。
今回の勉強会では、①1992年からこれまでのモザンビークにおける経済的、社会
的な発展について、②現在の開発、教育面での課題、③どのように持続可能な開発
をモザンビークにおいて実現できるのか、開発における教育の役割といった内容
をお話しいただきます。モザンビークの大学、国際機関、そしてNGOとの関りと
いう多様な経験を持っているケンボさんのお話を聞ける貴重な機会です。


◆日 時:7月27日(火)18:30~20:00

◆場 所:フェアトレードカフェ&雑貨WAKUWAKU(愛媛県東雲町5-6)

◆講 師:フェルナンド・アントニオ・ケンボさん

「開発のためのマクロ経済政策」の専攻で修士号を取得。現在、立命館アジア太
平洋大学にて博士課程を専攻中。研究テーマは「アフリカの発展のための税制と
持続可能な歳入の確保」。博士課程に進む以前、UNDPモザンビーク事務所にて、
国内経済担当として勤務。モザンビーク政府や各国支援機関との調整を行った。
また、モザンビークのカトリック系の大学において、上級講師として5年間経済
学を教えた経験をもち、その間、複数の現地NGOにおいてボランティア活動に従
事した。

◆参加費:600円(1ドリンク付)
※別料金で、ワンプレートの本場のモザンビーク料理(800円)もお召し上がりい
ただけます!ご希望の方は、ご予約ください。
◆申込方法:下記の連絡先に、メールまたは電話・FAXにて
①氏名、②所属、③連絡先、④申込人数、⑤モザンビーク料理の希望をお知らせくだ
さい。
※25名になり次第、締め切らせていただきます。
◆問合せ:フェアトレードカフェ&雑貨WAKUWAKU
〒790-0803 愛媛県東雲町5-6
Tel/Fax:089-993-6227

 Mail:wakuwakushop@egn.or.jp

日本の状況、モザンビークの現状を踏まえて、参加者の皆さんと積極的な意見交
換を行ないたいとおっしゃっています。皆さんのご参加をお待ちしております!

CIMG7719.jpg

左から、ベネットさん、ケンボさん、ケンボさんの奥様めぐみさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。