スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキナ花

モザンビークでしばしば見かける私の好きな花

DSCF4916.jpg

ハイビスカスです。

DSCF4918.jpg


日本だと、沖縄など暖かい地域でしか見かけないので、
この花を見ると「南国」という言葉が連想されて少し
嬉しくなります!綺麗なお花を見つけられるのは、
徒歩移動で業務しているからこそ得られる特権です。


スポンサーサイト

モザンビークで地震!

昨朝、モザンビーク中部のザンベジア州で4.9度の地震
(degreeという単位がマグネチュードかどうかは不明)がありました。

モザンビークに赴任して、初めて耳にする地震のニュースです。

北部のマニカやナンプラ州でも同地震を観測したそうです。
私のいるマプト州(南部)までは、揺れが来ませんでした。
幸い被害は報告されていないということで、良かったです。

それというのも、モザンビークで建設されている建造物は、
地震を想定していないため、相当細い鉄筋しか使っておらず、
大きな地震が来たら、簡単に倒壊する事が予想されるから
です。

今後も大きな地震が起きないことを祈ります★

モザンビークの植物 その2

引き続き、モザンビークの植物を紹介します。

遠くから見ると、お花が咲いているように見えますが、
赤い部分を近くで見ると、どうも葉っぱのようです。
これは、シニャンガニーネで見つけました。

IMGP9479.jpg

同じ場所にあったのが、オクラのような実がなっている
植物です。葉っぱはオクラよりだいぶ小さいです。

IMGP9476_20120321220138.jpg


最後に、可愛らしいピンクと白のお花です。

CIMG0026.jpg

この花は、観賞用でなく、根っこが薬になるそうです。
何に効くのか、はっきりわからなかったので、引き続き
モザンビーク人の友人にリサーチします!

CIMG0025.jpg

モザンビークの植物

今回はモザンビークで生息する植物について
写真を通じてご紹介します。もし、草木に
詳しい方がいらっしゃいましたら、是非、
正式な名称を教えていただけたら嬉しいです!

まずは通称、爪楊枝の木。アカシアです。
DSCF3342.jpg

可愛らしい黄色の花が咲きます。

DSCF3347.jpg

とげ部分だけ集めると、このようになります。
とても固いので、ちゃんと爪楊枝として使えます!

IMGP9063.jpg

これは、セリンガという木です。
薄紫色の花が咲きます。この葉っぱが薬になります。

IMGP8995.jpg

IMGP9034.jpg

葉っぱの部分だけ取り、乾燥させ、細かくなるまで
すりつぶします。そのパウダーを水に溶き、腹痛の
際に飲みます。と~っても苦いですが、良く効きます!

(続く)

夏?冬?

5月のモザンビーク。南半球なので、日本と季節は逆です。
そのため、日本が暑くなる頃、こちらは涼しくなります。

ようやく灼熱の季節が終わり、大分過ごしやすくなりましたと
書きたいところなのですが、異常気象?なのか、また一気に暑く
なりました。

今年は例年になく雨量が多かったそうなのですが、気温も異常
なようです。

最低気温 17度
最高気温 34度

今日の気温です。
朝方は、肌寒いので、長袖に羽織ものが必要ですが、昼間は
Tシャツでもじっとり汗ばむ夏日。あまりに変化が大きいので、
足元はビーチサンダル、上はニット帽にマフラーという夏冬服
ミックスのスタイルが良くみられます。

そんなマプト市内で先日、出くわした動物を紹介します。
すばしっこくてなかなか近寄れなかったのですが、見える
でしょうか。

090.jpg

089.jpg

ガラガラです!
マプト市内は、舗装された道路、車輌が大変多いです
が、このような動物が成育できるほど自然が残っているのだなと感じ
られた出来事でした♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。