スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わくわく募金箱のブログスタート!

暦は秋ですが、まだまだ暑い日が続きますね。
皆様、いかがお過ごしですか?

本日、“わくわく募金箱のブログ”がスタートしました!
以下のリンクからご覧になれます。
http://ameblo.jp/wakuwakubokinbako/

日頃から、募金箱を設置してくださっている店舗のご紹介
をしていきます。

第1弾は和菓子の“一万堂”。ご主人の人柄が表れた和菓子は
食べたらホッと落ち着く、そんなやさしいお味です!

お近くにお越しの際には、是非お立ち寄りください。

P1030310.jpg


フェアトレードカフェ&雑貨WAKUWAKUでは、暑い季節にぴったりの
シュワシュワとしたバオバブサワーが人気です!

夏バテ気味の方は是非、モザンビークカレーと酸味の利いたバオバブサワーをご賞味ください!
元気になること間違い無しです!!
お待ちしています。
スポンサーサイト

日本・モザンビーク市民友好協会 東京オフィス・オープニングパーティー開催!

向日葵の花が色鮮やかな季節となりました。ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。また、常日頃より当団体の活動に際し、温かいご理解ご支援を賜り、誠にありがとうございます。

さて、当会は2006年10月7日に日本とモザンビークの市民相互における、芸術、音楽、スポーツなどの交流を促進し、両国の市民から市民へ、地域から地域へと友好関係を拡充することにより、地球規模で持続可能な社会および対等な立場で多文化共生社会の実現に寄与することを目的として、愛媛県松山市に設立した全国ネットワーク団体です。

この度、日本全国におられるモザンビーク関係者の皆様が、お互いに顔の見える関係を築いていけるよう、日本中どこにいてもアクセスしやすい「東京オフィス」を立ち上げる運びとなりました。

つきましては、以下の通り、お披露目の「オープニングティーパーティー」を開催することといたしますので、お忙しいとは存じますが、是非ともご参集くださいますよう、ご案内申し上げます。


■ 日 時:2010年8月8日(日)13:00~15:30
■ 場 所:日本・モザンビーク市民友好協会 東京オフィス
東京都国分寺市本町2-14-5, 小川コーポ103
特定非営利活動法人 NPO研修・情報センター
■ 問合せ:東京オフィス担当 世古 一穂
TEL&FAX: (042)208-3320
オフィスアワー:月~金(10:00~18:00)


皆様には、ぜひとも、当会へ会員としてご入会いただき、今後より一層、日本・モザンビークの相互交流を図って友好関係を深めつつ、ともに持続可能な社会を構築するためのパートナーとして歩んでいけるよう、皆様の温かいご協力をお願い申し上げます。

末筆ながら、皆様の今後ますますのご健勝をご祈念申し上げます。

2010年8月1日

日本・モザンビーク市民友好協会
代 表 竹内 よし子

〒790-0803 愛媛県松山市東雲5-4 ネットワークオフィス
TEL&FAX:(089)993-6443 
Email:jpnmozfriends@yahoo.co.jp
URL:http://jpnmozfriends.npgo.jp/kaisoku.html

7月27日のESD勉強会にご参加いただいた皆様へ

モザンビーク人留学生、ケンボさんを講師にお招きして行われたESD勉強会には、
松山市職員、教員、NPO関係者、愛媛大学生、主婦、JICA青年海外協力隊員として
これから派遣される方など、多様なバックグラウンドをお持ちの方々が参加されました。

ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!

ESD勉強会要旨:
1992年の平和協定締結後のモザンビークの目覚しい経済発展、初等教育を受けられ
る生徒数の増大という開発のポジティブな側面と、他方で、国内で広がる経済格差
や小学校を中退する生徒の割合が依然として非常に高いことや、中高等教育の未整備、
といった教育の問題、並びにモザンビークが外国政府の支援や海外直接投資に依存
している現状と、そのため政府として主体的に国内の政策を決定することが難しい
問題等について、データをもとにご説明いただきました。

後半は、持続可能な開発のためには、どのような政策が必要であるか、また、教育の
果たすべき役割について、また、広い意味で日本・モザンビークにとって、今後、
「持続的に発展するために必要とされているものは何か」ということについて意見
交換が行われました。参加者の皆様からは、それぞれのご経験、お立場にもとづいた
意見や感想を共有していただきました。

ケンボさんからは、「このようにさまざまな立場の人々が集まり、モザンビークの現状
について真剣に学び、モザンビーク、日本のこれからについて話し合うことが出来ると
いうことが素晴らしいと思う。そのような場に参加できて嬉しい。また、モザンビーク
でもこのような勉強会が実現できたらと思う」という感想をいただきました。

ケンボさんは立命館アジア太平洋大学で博士課程を専攻中。今後数年間、日本にいらっしゃる
ので、再び松山にお呼びして、ESD勉強会が開催できたらと思っています!


CIMG0090.jpg
ケンボさんのプレゼンテーションの様子

P1030284.jpg
勉強会参加者の皆様

P1030287.jpg
意見交換の様子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。