スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北太平洋沖地震の義援金にご協力ありがとうございます

えひめグローバルネットワークでは 3月15日~約80名が登録する「愛媛学生東北支援ネットワーク(愛媛大学・松山大学・聖カタリナ大学・東雲女子大学の学生有志)」との連携により「街頭募金活動」を開始しました。「何とかしたい」「何かしたい」と願う気持ちをひとつにして、松山市駅前にて活動を行っています。

※3月23日現在までに下記3団体に25万円ずつ計75万円を寄付させていただきました。


「NPO法人ピース・ウインズ・ジャパン」 http://www.peace-winds.org/

「必要な人々に必要な支援を」をモットーに、世界各地で生命や生活の危機にさらされた人を支援している緊急支援のプロです。

「NPO法人国際ボランティアセンター山形」 http://www.ivyivy.org/

山形発で「カンボジア支援」「在住外国人支援」「国際理解・環境教育」「国際イベント・セミナー」など地球の問題、地域の問題に取り組もうと1991年に設立された市民による国際協力NGOです。外務省から委託されたNGOの東北ブロック窓口になっています。

「愛媛県社会福祉協議会」 http://www.ehime-shakyo.or.jp/sv-top.html

社会福祉協議会とは、全国社会福祉協議会や県内の市町村社会福祉協議会と連携をとりながら住民の福祉活動の組織化や社会福祉事業の連絡・調整や企画・実施など多くの事業を行っています。

【3月24日街頭募金活動 参加学生の声】

今日は風が冷たく、日陰での活動には少し厳しい環境の中での活動になりました。

活動8日目の今日は、常時5名前後での活動となりました。複数回目の参加者が多く、もう慣れてきた様子で、声掛けもそれぞれの表現の仕方を出来るようになったと感じました。課題はやはり人数だと思います。

まだ寒いですが、東北地方はまだ雪も降るらしいので、寒さに負けず温かい気持ちを東北に届けられるように頑張ります。

一緒に募金活動してくれる仲間、募集しています!

++++++

募金活動を始めて8日が経ちました。最初と比べて、活動人数は少なくなってはきましたが、まだまだ募金は順調に集まっており、人々の関心の高さを感じます。「頑張って」や「お疲れ様」と声をかけてくださる方も多くおり、寒さも平気なくらいに、元気をもらいます。その元気を胸に、少しでも被災地の方々の支えになれるよう、明日も活動を頑張ります!!


※募金活動については、わくわく募金箱ブログでお伝えしています。
http://ameblo.jp/wakuwakubokinbako/
スポンサーサイト

CCMプレスカンファレンス関連記事: NOTICIAS 23-04-2011

TAE projecta recolher 500 armas em mãos impróprias
O PROGRAMA Transformação de Armas em Enxadas (TAE), do Conselho Cristão de Moçambique (CCM), projecta recolher 500 armas em diferentes pontos do país, numa acção avaliada em 250 mil dólares norte-americanos.

Maputo, Quarta-Feira, 23 de Março de 2011:: Notícias

O facto foi revelado ontem em Maputo pelo coordenador do programa, Boaventura Zitha, na cerimónia de apresentação dos actuais desafios e oportunidades do programa, bem como da obra intitulada “história do mundo em 100 objectos”, produzida pelo Museu Britânico em Londres.

O montante necessário para a recolha dos artefactos ainda não está assegurado, segundo a fonte, mas o programa possui garantias de que os mesmos são localizáveis. Para além de cooperar com os órgãos nacionais de soberania, descrita como sendo excelente, na execução das suas actividades, mormente a Comissão Interministerial para a Prevenção, Combate e Erradicação do Tráfico Ilícito de Armas Ligeiras e de Pequeno Porte, o programa Transformação de Armas em Enxadas trabalha em estreita parceria com a Diakonia, da Suiça, Christian Aid, da Inglaterra, Church World Service e Global Ministries, dos Estados Unidos da América, Ehime Global Network, do Japão, entre outras organizações de carácter religioso.

Dados divulgados na ocasião dão, por exemplo, conta de que de Dezembro a Março corrente foram
recolhidas na zona centro do país 176 armas operacionais, ou seja, que não apresentam sinais de enferrujamento e prontas para serem usadas com a necessária eficácia. Trata-se de armas que são deslocadas dum ponto para outro sob forma de negócio.

Boaventura Zitha afirmou que o programa precisa de recursos para chegar aos locais onde existem as armas. O programa atribui estímulos materiais como bicicletas, material de escritório, insumos agrícolas, abertura de poços e furos de água, entre outros incentivos, às pessoas que, nas comunidades, denunciam a existência de artefactos de guerra.

Dada a riqueza de informações dando conta da existência de armas em muitas comunidades do país, Boaventura Zitha considerou que ainda há muito trabalho por fazer, quer em termos de sensibilização, quer em termos de recolha dos artefactos. Disse que o Conselho Cristão de Moçambique é a favor do uso de armas por pessoas ou entidades autorizadas, mas contra a sua circulação em mãos improprias.

Falando sobre a natureza do programa, o presidente da comissão de justiça, paz e reconciliação, Dom Dinis Sengulane, afirmou que o mesmo surgiu da necessidade de desarmar as mãos e as mentes. Foi concebido no tempo das negociações para a paz em Moçambique e na altura pensava-se que o mesmo teria dois anos de vida. O que se pretendia com o programa era a recolha de armas então nas mãos dos ex-beligerantes, mas depois foi constatado que havia armas em poder de muitas pessoas.

Segundo Dom Dinis Sengulane, em tempo de paz, essas armas são desnecessárias, mas ainda estão na posse de muita gente.

No quadro dos esforços visando sensibilizar as populações sobre o perigo de circulação de armas nas comunidades, vários artistas se juntaram à iniciativa do Conselho Cristão de Moçambique fazendo diversas obras de arte, algumas das quais estão no Museu Britânico em Londres. A obra Árvore da Vida, cuja construção contou com a participação do artista Cristóvão Estêvão ou simplesmente Kester, faz parte desses conjunto. Ela foi lançada em 2002 em Londres pelo Bispo Dom Dinis Sengulane.

Diversas outras obras de artistas moçambicanos, retratando a necessidade de preservação da paz figuraram de exposições em países como Alemanha, Suécia, Portugal, entre outros, incluindo nas Nações Unidas.
A obra “história do mundo em 100 objectos” é da autoria do director do Museu Britânico. Para além desta obra, existe uma outra da autoria de Chris Spring, director da galeria de África naquele museu, que versa sobre o programa TAE do Conselho Cristão de Moçambique.

※和訳も後日掲載できればと思っています。

「ブリティッシュミュージアムの100典」に武器アートが選ばれました。

本日は、CCMTAEオフィスでプレスカンファレンスが行われました。

ブリティッシュミュージアムのChristopher Spring氏のモザンビーク
訪問に際して、彼の書いた著書について、またTAEプロジェクトの現状に
ついて報告されました。彼の著書数点には、武器アートが取り上げ
られており、近年出版されたブリティッシュミュージアムの100典に
武器アートが選ばれました。

DSCF4599.jpg

左から:スプリング氏(ブリティッシュミュージアム・アフリカギャラリー担当)、
CCM General Secretary マカモ氏、CCM ビショップ・シングラーネ氏

DSCF4604.jpg

DSCF4588.jpg


イギリスでは、学校で武器アートを展示したり、刑務所の更正プログラムに
武器アートが使われているという興味深い話もありました。他人を攻撃する、
攻撃から身を守るという恐怖によって支配された人が、武器を手放すという
ことは、とても大変なことであるというお話がありました。

「平和」は、武器を抱えたまま「戦いを止める」というだけでは訪れず、
「武器を安心して手放す」という心の平安、安心感を得られる環境に身をおく
ことが出来て初めて訪れるではないでしょうか。

DSCF4581.jpg

DSCF4585.jpg

バトミントン協会のコンデ氏より哀悼のメッセージ(2011年3月21日)

これまで当団体が支援物資として提供したバドミントンのラケット
シャトルを活用し、モザンビークにおいてバドミントンの指導、
青少年育成に尽力しているバトミントン協会のコンデ氏より日本の
皆さんへ哀悼のメッセージが届きましたので、共有させていただきます。

---------------------------------------------------------------------

以下、コンデ氏のメッセージ

I am sad about what happened in Japan. I would like to tell you
that we are with the people in Japan. I believe that the people
in Japan are strong and they are possible to rebuild the country.

Almiro From Maputo, Mozambique
Badminton Association

「震災ボランティア活動-学生だからできること-」意見交換会

3/19(土)「震災ボランティア活動-学生だからできること-」意見交換会
を開催します。


自分に出来ることをしたい、でもどうしたら良いかわからないという
学生、社会人のかた、この機会にそんな思いを共有し、一歩踏み出して
みませんか?

http://ameblo.jp/wakuwakubokinbako/entry-10832200924.html

詳細については、上記URLにアクセスしてください。

わくわく募金箱のブログにて、愛媛(松山)における募金活動の様子、
関連の行事についてお知らせしています。

皆様のご協力をよろしくお願いします。

東北地方太平洋沖地震復興支援募金開始しました!

東北地方太平洋沖地震と津波による被害の大きさに言葉を失っています。
被害に遭われた方々への心からの気持ちを表するとともに、救助が一刻も早く進
みますよう、被災地が1日も早く復旧されますよう、心から祈っています。

フェアトレードカフェ&雑貨WAKUWAKUでは、3月11日に発生した宮城県北部地震のための募金箱設置を開始しました。頂いた支援金は、本地震救援活動に携わるピース・ウィンズ・ジャパンを通じて支援に充てさせていただきます。

なお、オンラインでもピースウィンズ・ジャパンへの募金が可能です!
海外にお住まいの方も、是非ご協力ください!
http://www.peace-winds.org/

皆様の温かいご支援をお願いいたします。


※特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンについて
(下記http://www.peace-winds.org/より抜粋)

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は「必要な人びとに必要な支援を」をモットーに、世界各地で生命や生活の危機にさらされた人を支援している緊急支援のプロです。

■最新情報:PWJスタッフ3名、物資が気仙沼へ空路で到着
PWJは東北地方太平洋沖地震の被災者支援として、宮城県気仙沼市で、緊急支援用の大型テント・バルーンシェルターを使った支援を実施することにしました。本日、3月14日(月)には空路にて3基が物資と人材を現地へ輸送。17時現在、PWJスタッフ3名と緊急支援物資が到着しています。

【到着している緊急支援物資】
●バルーンシェルター
●エマージェンシーテント 
●毛布 
●灯油 
●ガソリン 
●ブルーシート
●アルファ米 
●パン

現地からは、被災状況の深刻さが報告されています。また、現地では強風が吹き荒れており、バルーンシェルターをすぐに展開することはかなり難しい状況ですが、一刻も早く必要な支援を被災者へ届けるため、現地の小学校や中学校などの避難所をまわり、気仙沼市の災害対策本部と情報収集や支援物資の調整を行っています。また同時に、陸路でも物資の輸送手配をすすめています。

東北地方太平洋沖地震に対応した緊急支援の速報に関して、PWJ公式ツイッター、FACEBOOKにても情報を更新しています。

公式ツイッター http://twitter.com/peacewindsjapan
公式FACEBOOK ファンページ
https://www.facebook.com/PWJPublicRelation
【映像】「3月13日宮城県気仙沼市周辺の被災状況」
http://www.youtube.com/watch?v=4mpXqacdSIU

東北地方太平洋沖地震の発生に際して

モザンビークにおいても、今回の地震・津波の被害の様子が大きく報道されています。

被災されたの方々に、心よりお見舞いの意を申し上げると共に、
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしております。
皆さまのご家族を含め、ご無事を願っております。

毎日目にするニュースで、被害の深刻さが明らかになってくるにつれて、信じられないと
思う気持ちと、この事態のために何かしなければと駆られるような思いが交錯しています。

友人、知人からは毎日哀悼のメッセージが届いています。
当団体のパートナーNGOのCCMからは、哀悼のメッセージが届きましたので共有させていただきます。


Dear Japanese friends,

We are caught by surprise and big pain to learn that parts of
Japan were hit by earthquake and Tsunami. We all in TAE and
CCM, and General Secretary as a whole and believers, send our words
of comfort and sympathy. May god give you strength to rebuild your great
country.

Peace, Grace & Comfort.
Boaventura Zita
TAE national coordinator


25022011714.jpg


私たちに今、必要なことは、正確な情報を得ること、そして自分に出来ることを
はじめることだと思います。

そのため、えひめグローバルネットワークでは、募金活動を開始します。
ご協力いただける方は、以下Eメールまたはお電話にてご連絡ください。
日時、詳細等のご説明いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

Eメール: wakuwaku@egn.or.jp
EGN松山事務所:089-993-6271

また、信頼できる義援金受付のNGO・団体のご紹介も随時行ってまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。