スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボンドイア小学校

昨日、マレンガーネ地区を訪問してきました。

ボンドイア小学校の校庭では、いつも通り
子どもたちが元気にサッカーをしていました。
サッカーボールは、日本から寄贈されたもの。

毎日子どもたちが体育の時間や休み時間に使って
いるので、かなり表面が傷んでいました。

CIMG1166.jpg

子どもたちの輪の中に入ったら、一人の男の子
のビーチサンダルが脱げて走っていきました。

その子にサンダルを渡そうと追いかけたら、
どんどん逃げていき、周りの子供たちも一緒
に逃げて、いつの間にか鬼ごっこになりました。

CIMG1167.jpg

CIMG1170.jpg


CIMG1169.jpg

元気いっぱいの子供たち

CIMG1171.jpg

愛嬌たっぷり、おちゃめな女の子
スポンサーサイト

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

植林プロジェクト

最近、ネットの調子が良くなく、アップしては反映されずを繰り返し、
しばらくぶりの更新になってしまいました。

モザンビークは、雨模様です。今年は雨季のスタートが早いようで、
先週に引き続き、今週末も雨の予報です。停電したり、交通網が
麻痺したり、インターネットが遅くなったり、村へ行けなくなったり、
いろいろと不便ですが、農業には恵みの雨なので、ポジティブに受け
止めたいと思います。(また、雨が降り出しました・・・。)

今回は、シニャンガニーネ村の植林プロジェクトについてお伝えします。

当団体のパートナーNGOのCCMが今年の5月から始めたプロジェクトの
一環で、同村の全世帯にカシュナッツの苗木を配布しました。

CIMG1086.jpg

CIMG1085.jpg

カシュナッツは、砂地の土地、降雨量が比較的少ない地域でも生育する
ことから、コミュニティが選びました。植林とはいえ、商品作物を植え
ることをコミュニティが望んだという理由も大きいです。

CIMG1114.jpg

また、当団体からは、モリンガという植物の苗木を提供しました。

モリンガは、アフリカ、インド、フィリピンなどの熱帯、亜熱帯地方に
自生する植物で、正式名称は、Moringa oleifera「モリンガ・オレイ
フェラ」と言い、日本では、「わさびの木」と呼ばれています。

モリンガは葉、実、種、茎、根、花など全てに高い栄養価を持っており、
特定の部位だけでなく、全てが活用できる植物です。モリンガは古くから
300種もの薬効効果と水と空気を浄化する植物として知られています。

CIMG0566.jpg

モザンビークでは、UNDPがシブトのミレニアムビレッジにおいて、各家庭
にモリンガの苗を配布し、栄養改善と、水の浄化への活用を実施しました。

一般的には、葉を乾燥させ、粉にしたものをお湯に溶いて飲んだり、カレー
にかけて食したり、おなかが痛い時の薬として、また、高血圧や、健康に
良い食品として重用されています。私も、モリンガパウダーを友人に作って
もらい、チキンのトマト煮込みなどにかけて食べましたが、とても美味しい
です。乾燥させたバジルや、パセリのように使えます。

CIMG0568.jpg

モリンガは二酸化炭素を、一般の植物の約20倍も吸収すると言われ、更に
水の浄化作用や地中にある汚染物質なども吸収し浄化する事もあるそうです。
育った幹は良質なパルプとしても活用出来、花は上品な香りで香水の原料に
なったり、お茶にします。鞘(実)は、若い鞘はインゲンのように調理して
食べることができ、葉も食べられます。

CIMG0567.jpg

熟した種からはオイル(ベン油)で抗酸化作用の高い、高級なオイルが採れ
ます。日本では、一般にローション・香水の吸着剤・高級石鹸の原料に使われ、
種子の殺菌作用により口臭予防や虫歯の発生予防にも使われています。

種から油を絞った搾りかすは、水の浄化に使われます(川の水などと混ぜ、
しばらく放置すると、汚物が沈殿します)。また、飼料や肥料に使われます。
樹皮は丈夫な繊維質でロープの材料や絨毯が作れます。根はインドでのカレー
の香辛料として有名です。根っこは、薬として腹痛に効き、樹液は擦り傷の
薬として使われています。

CIMG0572.jpg

モリンガの説明が長くなりましたが、このように沢山の活用方法がある植物で、
南部モザンビークにも生息しているため、植林の一環としてこの植物を選びました。

種は、友人の協力でボアネという地域で採取させてもらい、スタッフニコラウ宅
の庭で苗を育てました。

CIMG0573.jpg


また、同村では、養蜂を始めた女性グループがあり、蜜源として、ユーカリ
とアルガロベラという植物が良いと専門家に教えていただき、分けていただ
いたので、この苗も同村で育て始めました。

DSCF9839.jpg

CIMG0503.jpg

CIMG0969.jpg
ユーカリ

CIMG0970.jpg
アルガロベラ

CIMG0972.jpg

同地域は炭焼きや、焼畑、調理に薪を使用することから、日々周辺地域の木を
伐採しています。一方、伐採した分の木を植えることをしてこなかったため、
木が減り、薪の採取のために遠くまで行かなければならなくなり、時間と労力
が更にかかるようになっています。また、あと数年もすれば更に樹木が少なく
なり、生活が困難になることが推測されます。

炭焼きが生業の人、木を伐採しなければ日々の調理が出来ない人たちに「環境
に良くないから、伐採をやめなさい」と言うのは簡単ですが、今の生活を変え
るための代わりの手段を提供できなければ、それを変えることは不可能です。

CIMG1116.jpg

途上国で、環境問題を語るには、人々の生活を変えるなら、どのような選択肢
を提供できるかを一緒にデザインなくてはならないということを考えさせられ
ます。日本の場合は、節水、節電のように、「節約・我慢する」ということが
まず、強調されますが、途上国のその日暮らしの生活を送っている村人にとって、
今の生活が成り立たなくなる選択肢は、選べないのです。

支援物資寄贈 子どものためのセンターへ

当団体の研修生で、2008年、2009年に計6か月間、愛媛県
松山市で足踏みミシンを用いて縫製訓練に参加したアデリアさん
が勤めている子供たちのセンター(モアンバ郡マグアザ)に足踏み
ミシン、自転車、文房具等を寄贈しました。

IMGP9314.jpg
左から、現地スタッフ・ベネットさん、アデリアさん、センター長、横田

彼女の勤めているセンターは、誘拐されたり、家庭の事情で
家庭から引き離された子どもたちが精神的なリハビリを受ける
短期滞在用の施設で、子どもたちは凡そ3か月~半年この
センターで生活し、ケアを受けた後、保護者(家族、あるいは
家族に代わる人)の元に帰されます。

IMGP9297.jpg

アデリアさんはこのセンターで、子どもたちの生活を支え、
勉強を教え、そして足踏みミシンを用いて洋服などの
縫製訓練を行っています。

DSCF1176.jpg

ミシンが故障して、縫製訓練が出来なくなっていると聞いていたため、
この度、ミシンを寄贈することになりました。

IMGP9305.jpg

手作りで作られた人形

IMGP9307.jpg

日本で作り方を習ったシュシュ(髪留め)

アデリアさんは、現在中学校の夜間クラスに通っていますが、
暗闇を徒歩で往復1時間近くかけて通学しています。
そのため、通学用の自転車を寄贈しました。センターの
スタッフとともに活用してもらいたいと思います。

DSCF1180.jpg

支援物資寄贈 マレンガーネ地区へ

先日、支援物資をマレンガーネ地区の小学校5校、
生徒約650名、並びにシニャンガニーネクリニック
に寄贈することが出来ました!

以下の通りご報告いたします。

各小学校へは、鉛筆、ペン、鉛筆削り、
クレヨン、色鉛筆などの文房具、縄跳び
などのスポーツ用具を寄贈しました。


【マレンガーネ小学校】

マレンガーネ小学校3

マレンガーネ小学校4
早速縄跳びを飛ぶ生徒たち
長縄には慣れているけれど、短い縄跳びには苦戦していました。

IMGP9197.jpg
新玉小学校から寄贈された長縄を飛ぶ生徒(2010年12月)

マレンガーネ小学校1

一人に一本ずつ配りました!

マレンガーネ小学校2


【ボンドイア小学校】

ボンドイア小学校2

ボンドイア小学校3

受け取りが待ちきれない生徒たち

ボンドイア小学校1

日本の子どもたちから寄贈されたサッカーボールで
遊ぶ子どもたち。

【シニャンガニーネ小学校】

シニャンガニーネ小学校長へ
デビッド校長

シニャンガニーネ小学校生徒代表
生徒代表が受け取り

また、新玉小学校の生徒が書いてくれたボードパネルも
裏を黒板として活用してもらうために、各校へ寄贈
予定です。(今回は運搬が出来なかったので後日運びます)。

シニャンガニーネのクリニックへは、ベッド、看護服、
医療用トレイ、消毒用のカゴを寄贈しました。(物資は
愛媛県内病院からの寄贈)。

シニャンガニーネ ナース

シニャンガニーネクリニックへ

シニャンガニーネクリニックへ2

同クリニックナースからのリクエストで、ベッドは1台
のみ運搬したのですが、現在使用しているベッドの1台が
故障しているため、可能であればもう1台寄贈してほしい
とのリクエストがあったため、後日持参することになりました。

引き続き、寄贈した物資の活用状況について
ご報告します!

支援物資の寄贈にご協力いただきました皆様、
誠にありがとうございました

村の野菜

から夏への季節の
変わり目で少し体調を崩していました。
ようやく復活しました

今日は、数か月ぶりの雨です
明日、村に行こうと思っていたのですが、
降雨量が多く、道がぬかるんでしまって
いるので、残念ながら延期になりそうです。

さて、先日、シニャンガニーネでいただいた
元気いっぱいの野菜たち。
ケール、トマト、ピーマンなどなど。

村の野菜は、農薬を使っていないことが
多く、葉物は穴だらけ、他の野菜も虫食い
が激しいです。

CIMG1136.jpg

特にトマト!
写真でもお分かりだと思いますが、虫食いの
黒い跡があります。

街で売られている南アフリカ産のトマトは、
虫が入っていたことはありません。

表面にはほとんどわからなくても、切って
みると、中が真っ黒ということがしばしば。
4割~半分くらいは、虫食いが激しくて
食べられません。

日本で有機の野菜を食べていましたが、
トマトが虫だらけということは無かったです。

どうしたら、虫が付かずに有機栽培できる
かと疑問に思い、調べてみたいと思います。
せっかく作った農作物が虫だらけなんて、
悲しすぎる・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。