スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターン・野田さんのモザンビークにおける活動

皆さん、初めまして!

えひめグローバルネットワークのインターン
として現在モザンビークで活動している
野田昇吾です。

私は青年海外協力隊員として2010年6月~
2012年6月までモザンビーク・イニャンバネ州
で野菜栽培指導を行っていました。

私は神奈川県出身なのですが、愛媛県に所縁があり、
愛媛県に教員採用試験を受けに行った際、
WakuWaku Café に立寄ったことをきっかけに、
えひめグローバルネットワークのインターンとして
活動することになりました。

野田さん写真

高校時代、ひょんなことから農業に興味を持ち
東京農業大学へ進学、そして大学時代から海外に
興味を持っていたため、語学留学のためフィジーへ
行ったり、農業実習にアメリカで参加したりして
いましたが、卒業後もやっぱり海外に行きたい!
自分の培った知識や技術を誰かのために活かしたい!
と思い、青年海外協力隊に参加することを決めました。

活動を通じて、多くのモザンビーク人と出会い、学び、
アフリカを感じることが出来ました。

そして活動(野菜栽培指導)を通じて起こるモザンビーク人
の変化に感動を覚えることとなりました。

自分の知識や経験がこんなにも人の役に立ち、
生活を向上させるのか!と私は活動にとても生きがい
を感じるようになり、帰国後も今まで培ってきた知識や
経験を誰かのために活かしたいと考えるようになり、
冒頭にあるように教職を目指したのですが、
奇跡的にもその先で出会ったのが
えひめグローバルネットワークでした。

来年の4月まで何をしようか迷っていた私は、
出会ったのも何かの縁だと思い、インターン
として活動することを決めました。

そして現在、故郷モザンビークに戻り、
再び活動を開始しています。

今回は2カ月間という大変短い期間ですが、
(2011年11月2日~12月28日)
自分の持っている力を全て出し切り、
えひめグローバルネットワークの活動に
従事したいと思っています。

現地における活動は、これまでモアンバ郡
マレンガーネ地域において実施を準備して
きた縫製訓練の試運転、当団体の元研修生
アデリアさんと協働して実施するフェア
トレード商品作製、並びに現地における
事務所運営システムづくりのサポートなど
を行います。

また、今回、私がモザンビークで活動出来る
のは、私が帰国ボランティアであり、JICAの
NGO活動支援制度を利用しているためです。

NGO活動支援制度とは協力隊等で活動し、
帰国したボランティアを対象にNGO等で
インターンとして一定期間活動を行うことで、
各団体の有する技術・知見・組織運営・管理等
のノウハウを習得し、スキルアップを目指す制度です。

(JICAホームページ:
http://www.jica.go.jp/volunteer/obog/career_support/ngo/)

私は将来、教職を目指していますが、教師に
なる前に是非ともNGOで働き、色々な経験、
知識を習得したいと考えていました。

今回のインターンで学んだこと、経験したことが
将来、教育の現場で必ず活きると強く思っています。
スポンサーサイト

研修生の今:アデリアさん

先日、アデリアさんの勤務する子どもたちのセンター
を訪問しました。同施設では、人身売買や家庭に問題
があり保護された子供たちが短期で滞在しており、心の
リハビリ、授業、縫製や手工芸品を作成するトレーニング
などが行われています。

アデリアさんは、日本における研修で身につけた縫製
技術を評価され、女性省の運営する子どもたちの保護
施設に雇用されました。公務員という安定した職を
当団体の研修をきっかけに得るという幸運に恵まれ
ました。

CIMG1933.jpg

同センターへはアデリアさんがトレーニングに使うミシン、
自転車、算数セットや子どもたちの使うパズルなどの
おもちゃを寄贈しました。先日訪問した際、物質の活用を
確認いたしました。

CIMG1947.jpg

心に傷を負っている子どもたちが多いので、友達と
ゲームをすることや遊ぶことが良いリハビリになる
ようです。もちろん、アデリアさんの縫製訓練も
継続しています。

CIMG1938.jpg

子どもの面倒をみるのが大好きなアデリアさん、
今年出産し、一児の母となりました。

6ヶ月になる「ユウスケ」君です!

CIMG1928.jpg

アデリアさんととクリミルダさんが日本で研修中、
仲良くなった、当時愛大の学生さんの名前です。
このような形で日本のことを常に思い出してくれて
いることが分かり、とても嬉しく思いました。

CIMG1925.jpg

ユウスケ君が大きくなったら、きっと自分の名前の
由来を聞くのでしょうね。アデリアさんがどんな風
に伝えるのか、興味深いです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。