スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和アートの作製 その2

「Wind for a Family」という平和アートは、
大阪国立民族学博物館(みんぱく)のプロジェクト
として、今年の10月初旬から3週間をかけて
行われました。

CIMG1364.jpg

CIMG1404.jpg

参加したのは当団体が作品を所持している、
お馴染みのアーティスト2名
ケスター、フィエルです。

IMGP2032.jpg
ケスター

IMGP2136.jpg
フィエル

作品のモチーフは、
「自転車」と「家族」です。

CIMG1348.jpg

CIMG1390.jpg

武器との交換物資として
松山市から無償譲渡していただき、
モザンビークの人々の足となって
生活を改善するためのツールとして
活用されてきた自転車。

CIMG1843.jpg

そのペダルを力強く踏み込み、
モザンビークの平和と輝かしい
未来に向かって進んでいく家族
(両親と子ども)の姿です。

CIMG1845.jpg

ブリティッシュミュージアムの
「Tree of Life」という作品を契機に、
南スーダンで平和のモニュメントが
製作されることになったように、
作品は人をつなげる可能性を
もっています。

CIMG1451.jpg

作品は情報発信源となり、
メッセージを伝えていく役割を
果たします。

「Wind for a Family」を通じて
世界に平和のメッセージを発信し、
国際的に人と人をつなげていく
アジアの平和の拠点作りとしたい
との想いから、このプロジェクト
が生まれました。

CIMG1565.jpg

CIMG1883.jpg

今年5月、「銃を鍬へ」プロジェクトの提唱者、
CCMの元代表デニス・セングラーネ司教
が大阪で開催されたアフリカ学会で
基調講演、シンポジウムに参加されました。
講演のテーマはモザンビークにおける平和
構築活動の歩みについてです。

CIMG1856.jpg

1992年に内戦が終結して以来、モザンビークは
平和を維持し、安定した経済成長、社会の成熟を
遂げてきました。

世界に実践に基づいた平和のメッセージを
発信することが出来る、内戦後の平和構築の
モデルとして、また「平和の輸出国」として、
モザンビークは世界から注目されています。

CIMG1849.jpg

CIMG1800.jpg


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。