スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国報告会レポート

12月15日(土)、並びに20日(木)の2度にわたり
モザンビーク帰国報告会を開催しました。

現在のモザンビークの様子、当団体の公民館
プロジェクトの準備状況、並びに現在実施中
の村における縫製訓練と商品開発についてと
モザンビーク研修生について報告しました。

15日には新居浜東高校や愛媛大学をはじめ
とする、学生の参加が多くあり、これまで
学校の授業でモザンビークについて取り上
げていただいたこともあって、関心の高い
生徒から、興味深い質問が数多く投げかけ
られました。

また、4年前に新玉小学校の生徒として、
授業の一環で支援物資を集めたり、街頭
募金活動に参加してくれていた生徒が、
今回の帰国報告会のことを聞きつけて、
会場に足を運んでくれ、数年ぶりの再会
を果たしました。

彼を中心とする7~8人のグループは、授業
時間以外にもモザンビーク支援のための
ボランティア活動に何度も参加してくれま
した。支援物資輸送準備のために北条で
ワークショップを開催した際にも、参加
してくれていました。一生懸命な小学生の
姿に、とても感激したことを覚えています。

以前、街頭募金で「ボンドイア小学校の屋根
修繕」プロジェクトへの支援を呼びかけてい
たことを覚えていてくれ、昨年、修繕できた
ことを無事に報告することが出来ました。

当時の小学生が、現在高校生となり、いまだに
モザンビークに関心を持ってくれていること
に大変感銘を受けるとともに、高校生となった
今も、何かしたいという思いを持っていてくれて
いるということが分かり、小学校の時の学びが、
生徒たちに与える影響の大きさというものも感じ
ました。

P1060773.jpg

P1060775.jpg
わくわくカフェの帰国報告会の様子


お忙しい時期に、帰国報告会に足を運んで
くださった皆様に感謝申し上げるとともに
来年もモザンビーク支援活動にご支援賜り
ますようお願い申し上げます。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。