スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信仰

モザンビークは、過半数がカトリック教徒です。カトリック
と一口に言っても、所属する教会によって、ミサの回数や
勉強会の開催、子どもたちへの授業の実施など、異なりますが、
基本的には、週末(土曜、日曜)にミサがあり、平日の夕方
仕事終わりにグループで聖書の読み合わせ会を行います。また、
子供たちを主に対象にした、識字や他の学習、聖書の勉強を
週1回、親や聖職者が行います。教会は学びの場であるとともに
人々を信仰を通じて結びつける共同体を生み出す役割を果たして
います。

教会に出席したり、グループの聖書の読み合わせ会に参加したりする
のは圧倒的に女性が多いです。それは、男性に比べて、女性の方が
社会的なつながりを大切にしたり、より苦しい生活を送っていたり
する現状を反映しているためだと思われます。

グループの聖書の読み合わせ会では、聖書の一説をグループ
の代表が読み、賛美歌を数種歌い、参加者からの意見や質問
に応え、教会関連の行事の打合せを行い、最後に各自が抱え
ている問題について共有します。15~20人位のグループが
一般的なようです。

誰かの家族が病気であるとか、子どもが火傷をして病院に
運ばれたとか、日常に起きていることを共有し、困っている
人には寄付を募って、サポートします。もちろん結婚などの
嬉しいニュースも共有し、お祝いも皆で費用を出し合って
用意するのが通例です

以前は、ポルトガル語の聖書しか無かったそうですが、現在は
現地語でも聖書が出版されているため、現地語しか話せない場合
も、聖書を読むことが出来ます。ただ、現地語は話し言葉なので、
音に合わせて文字化しても、それをすんなり理解するのが少し難
しいようです。

シャンガーナ語の本はほとんど出版されていないので、聖書で
シャンガーナ語の勉強をしてみようかと思っています


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。