スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボンドイア小学校の時間割

ボンドイア小学校 EP2(6・7年生)の時間割を紹介します。
左が6年生、右が7年生の時間割です。一日6時間目まであり、
教科も日本の小学校とほとんど変わらないですね。

村には、電気がないためタイプライターで打たれた時間割が、
教室の前に張り出されます。

CIMG0215.jpg



各略称は以下の通りです。


Mat=算数
Port=ポルトガル語
Eng=英語
E. M =音楽
E. Fis=体育
Ed. Vis=美術
M.Civ.=道徳・市民教育
C. Soc.=社会科学
C. Nat=自然科学
Ofic =技術(レンガづくり、料理など)


技術の授業は、それぞれの学校で違う活動を行うようです。
その地域に特徴的な活動を選びます。レンガづくりは、地元
の赤土を使って行われます。レンガは家を建てるのに活用さ
れます。

レンガを焼く窯
DSCF2868.jpg


音楽の授業では、村に伝統的に伝わる踊りや歌を習います。
先生方は村の出身ではないので、年長の生徒が年少の生徒に
指導します。多くの歌は、現地語“シャンガーナ語”です。

踊りの授業
IMGP0310.jpg

土曜日のアクティビティー(この日はサッカーでした!)
国技であり、一番人気のスポーツサッカー。男の子も
女の子も一緒にプレーします!(もちろん村にはゴール
は無いのですが・・・。)

IMGP0286.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。