スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モザンビーク司教・セングラーネさん来松

セングラーネ司教が愛媛県松山市を訪問

アフリカ・モザンビークで武器を自転車などの生活物資と交換する平和構築プロジェクト「銃を鍬へ」を提唱したディニス・セングラーネ司教(モザンビーク聖公会レボンボ教区)が5月28日、松山市を訪問しました。

「銃を鍬へ」という現地NGO・CCMのプロジェクトは、1975~92年の内戦の終結後、聖書にある「剣をもって鍬とせよ」という章句に倣い、民間に大量に残された武器を市民主体で回収する取り組みで、武器との交換物資として自転車や建築資材等が活用されてきました。回収した武器は90%を爆破処理し、残りの10%は切断し、平和を訴えるアートとして再生されてきました。

「銃を鍬へ」プロジェクトへ活用するため、松山市の放置自転車がえひめグローバルネットワークに一部無償譲渡されるようになり、市民の寄付を資金としてモザンビークに輸送され(計7回)、CCMに寄贈されてきたことで松山市は同プロジェクトに貢献してきました。また、同支援活動が契機となり、2008年5月の同国ゲブザ大統領、2012年2月のアリ首相の愛媛県訪問につながりました。

セングラーネ司教は松山市立新玉小学校を訪問。同校生徒に平和の尊さ、日々の生活で平和を続けていく努力をしていく大切さを訴えました。(同校は、モザンビークに文房具や手入れした放置自転車を贈るなどの交流を2007年から毎年続けており、昨年ユネスコスクールに登録され、国際理解教育に積極的に取り組んでいます。)
  
 
CIMG0046.jpg

CCM・TAEプロジェクトが2012年に入ってからモザンビーク北部にて回収した武器
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。