スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のモザンビークへの援助

今回は、日本政府のモザンビークへの援助の動きをニュースの抜粋でご紹介します。

【日本がモザンビークへ小麦30,000トン援助】

2009年11月3日-マプト

日本政府がモザンビークへアフリカへの食糧支援の一環として、月曜日に小麦30,000トンを援助した。
援助を受けとる際に、アントニオ・フェルナンド氏(産業貿易大臣)は「ちょうどよいタイミングでの援助であり、モザンビークの製粉工場にとっても大変ありがたいもの。これで小麦とパンの価格が上がらず市場で安定することが期待できる。」
この援助は日本政府の貧困削減事業から993万ドル拠出されている。
これに際して、瀬川進・在モザンビーク共和国日本国特命全権大使は、「今こそモザンビークの持つ可能性を伸ばすべきときであり、この国は食糧輸出国になりうる可能性を持っている」と強調した。
日本政府は1977年から現在までに1億4400万ドルの食糧援助を行ってきた。

Japan Donates Wheat to Country

3 November 2009

Maputo ― The Japanese government delivered a donation of 30,000 tonnes of wheat to Mozambique on Monday as part of Japan's food aid to African countries.
During the ceremony where he received the donation, Mozambique's Minister of Industry and Trade, Antonio Fernando, said that the donation "came at the right time, and it will significantly help
supply the country's milling factories".
He added "we hope that the price of wheat and bread will not increase and will remain stable on the market".
This donation, valued at 9.93 million US dollars, will generate funds to be used in the government's poverty relief programmes.
For his part, the Japanese Ambassador, Susumu Segawa, stressed the great potential of Mozambique, saying that "the important thing now is to develop that potential. This country has the potential to be a food exporter".
Japan has been sending food assistance to Mozambique since 1977, with the total amount now valued at about 144 million US dollars.

記事出典:http://allafrica.com/stories/200911031057.html
Copyright © 2009 Agencia de Informacao de Mocambique. All rights reserved. Distributed by AllAfrica Global Media (allAfrica.com). To contact the copyright holder directly for corrections — or for permission to republish or make other authorized use of this material, click here.

【日本が教育支援】

2009年10月27日-マプト

モザンビーク教育省と日本政府が教育支援の協定を結び、モザンビーク南部のマプト州・ガザ州に新規4校中学校建設を1000万ドルかけて行うこととなった。協定には、アリ・教育省大臣、瀬川進・在モザンビーク日本国特命全権大使、宿野部まさみ・JICAモザンビーク事務所所長で取り決められた。

Japanese aid for education

The Mozambican Education Ministry and the Japanese government signed an agreement in Maputo on 27 October, under which Japan will grant $10 million for the construction of four new secondary schools in the southern provinces of Maputo and Gaza.
Signing the agreement were Education Minister Aires Ali, Japanese Ambassador Susumo Segawa, and the representative of the Japanese International Cooperation Agency (JICA), Masami Shukonobe.

記事出典:http://www.poptel.org.uk/mozambique-news/newsletter/aim389.html#story8
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。