スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒例の!

先日、シニャンガニーネのコミュニティリーダーペサネ氏と
エレナさん(妻)のお宅を訪ねた際、いつも出迎えてくれる
エレナさんが見当たりません。

「今日はエレナさんは居ないの?」と家族に聞くと
「あそこ」と居場所を教えてくれました。

早速、登ってみると

CIMG0490.jpg

居ました!

CIMG0494.jpg

ここに居るということは、恒例の「あの」作業です。

CIMG0496.jpg

メイズ(トウモロコシ)の収穫が終わったこの時期、乾燥させた
メイズをこのような高床の倉庫に保管します。

高床なのは、動物が食べないようにするためです。

CIMG0487.jpg


CIMG0495.jpg

藁の屋根を付けて、雨でメイズが濡れないようにします。

CIMG0499.jpg

これが1年間の食糧、来年のための種になります。
収量が多い家庭は、他の家庭に販売します。
エレナさん宅では、20キロ180メティカイシュ(約540円)
で販売するそうです。

腰を曲げて行うメイズの収納作業、少し手伝いましたが
かなりの重労働です。どこの家庭でも毎年この時期に恒例
の作業です。

エレナさんの畑の今年の収穫は上々ですが、1月のサイクロンで
大きな被害を受けた畑の収量は、とても低いそうです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。