スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公民館建設場所

昨日、公民館の建設予定地を道路・施設建設や井戸掘削等を
担当している省庁の関係者とともに訪問しました。

CIMG0713.jpg

土地の利用を正式に政府が承認するのに、正確な面積と
位置を把握し、文書に残すためです。

埃っぽい未舗装の道を走ること1時間、ようやく現場につき
作業を始めました。

CIMG0717.jpg

専門家が携えているのは、メジャーひと巻。
ものすごく原始的な方法で測量します。

途中、草木が邪魔になる場合は、それをナイフで切り
落としていきます。

CIMG0719.jpg

測量後、専門家に
「これで、モアンバ郡政府が文書作成をすれば
手続きは完了ですよね」

と確認すると、

「いや、今日はGPSを持ってこれなかったから、
GPSをもって再訪しなければいけないと」

また、

「現地に4つ角に4本のセメントの柱を目印に立てなければならない」

ということで、急いで手配しています。

一度で終わると思っていた測量がまだ半分しか
終わっていないということが、現地に入ってから
分かり、機材の手配が出来次第、再度現地入り
することになりました。

先に言ってくれれば、一度で全て済むように手配
したのに(泣)ということが、モザンビークでは
本当に多くて、労力・時間の無駄が多いです。

政府関係者が出張すると、その日当の負担も
しなければならないので、痛い出費です。

モザンビークで生活していると、日々“忍耐力”
を試されているような気がします。

相手を非難しても仕方がないことは、
こちらの注意が足りなかったから
起きたのだと、反省材料にすること
にしています。そうしないと、
物事が進まないので。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。