スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレンガーネ地域の自転車の活用 その2

自転車の活用について、ご質問いただいたので
マレンガーネ地区ボンドイア小学校に寄贈した
自転車の状況について、引き続きお伝えします。

DSCF3323.jpg

当団体が2010年7月に小学校に寄贈した自転車

IMGP9379.jpg

ピースメッセージ付き

DSCF3324.jpg

寄贈から4か月後

IMGP8882.jpg

IMGP8894_20120724031043.jpg

パンクしたまま走っている生徒たち

IMGP8887.jpg

裂け始めたタイヤ

IMGP8989.jpg

部品の取れたサドル

IMGP9378_20120724043121.jpg

チューブで裂けたタイヤを補修


通学に毎日未舗装の道を走っていると、このように
半年もせずに自転車の至る所に不具合が生じて
きます。この中の数台はブレーキが壊れて効かなく
なっていましたし、ペダルが無くなっている自転車
もありました。

ただ、きちんと補修して乗っている生徒の自転車は
この通り、一年間経っても2人乗りも出来るくらい、
良い状態を保っています

IMGP9358_20120724043341.jpg

このような状態の差は、メンテナンス出来ているか
どうかにつきます


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。