スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック

オリンピックマーク

いよいよロンドンオリンピックが開幕ですね
モザンビークでは、出場選手が少なく、話題に
ならないため、いつ始まるののかわからなくて、
思わず調べました。

モザンビークからのオリンピック出場選手は6名。
水泳2名、ボクシング1名、陸上2名、
そして柔道です。(男性4名、女性2名)
柔道で出場選手がいるとは、とても意外でした。

日本は303名、アメリカは539名、
開催国イギリスは556名です。

モザンビークの人口は日本の約10分の1
であることを考えると、6名の出場は大変
少なく感じます。

モザンビークが初めてオリンピックに出場
したのは内戦後8年後の1980年でした。
かなり遅いオリンピックデビューですが、
独立戦争、その後の内戦が長期に及び、
スポーツを行える環境でなかったことは、
容易に想像できます。

これまでモザンビークが取得したメダルは
金と銅の2個。どちらもマリア・ムトラ選手
が陸上800mで獲得したものです。

ムトラ選手は過去6回オリンピック出場、
その後コーチとして優秀な陸上選手を
育てています。


モザンビークに居るとアスリートを育てる
余裕はまだ無いように感じます。国際試合が
行えるサッカースタジアムや50mの公式
プールは昨年ようやく建設されました。

青少年のスポーツ教育にも力を入れたくても、
モザンビーク全土に青空教室の学校が数多く
あり、教育関連の予算の割り振りはそちらを
優先するため、スポーツ施設や資機材を整え
ることが出来ない現状があるからだと思われ
ます。

モザンビークに比べると、日本には
スポーツをするとても恵まれた環境、
良いコーチやハイテクの施設、研究を
重ねたシューズやウェアがあるの
だと改めて思います。

何よりも大きいのは、余暇に使える
資金、時間があることだと思います。

ただ、ムトラ選手のような優秀なアスリートが
今後生まれる可能性があり、青少年の健全
育成のためにもスポーツはとても有効なので、
モザンビークでスポーツが盛んになって欲しい
と願います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。